ベトナムの歴史を小学生でも分かるようにブログで説明してみた③:漢帝国に対する初めての大規模反乱!?ベトナムの抵抗の象徴〜ハイバーチュンの反乱〜

こんにちは!
ベトナム・ハノイに来て早3年弱!! 日本人、ベトナム人など多くの子供達の為のダンススクールA-LIFE Dance Schoolを運営する傍ら、ハノイでイベント主催したり、新規事業始めたり、たまにハノイの生活情報を呟いたりする、自称アニメオタク&歴史オタクのダンサーNEMOTOです!

最近暇だなーってことで始めた?小学生でも分かるベトナムの歴史!シリーズ。
前回の投稿はこちら!
Ep.1 ベトナムってどこやねん!
Ep.2 中国VSベトナムの原点

前回のあらすじ!
ーーーーー
文朗国(ヴァイランこく)に変わってベトナムを支配した、蜀泮(しょくはん)率いる甌雒(おうらく)。しかし南越(なんえつ)の侵攻をきっかけに中華を支配する巨大な漢(かん)帝国の支配を許してしまう。ベトナムの人々は長きに渡って差別を受けることになりました。次第に漢帝国に対する憎しみが大きくなり、ついにそれは爆発してしまう。
ーーーーー

さあ!今回で3回目!
まずは漢帝国と言う国について説明していきましょう!

漢帝国の勢力範囲。南はベトナム、東は朝鮮半島、西は現在の中央アジア近くまで勢力を伸ばしていました!でけー!

漢帝国の成り立ちについてここでは割愛しますが、かなり面白いので興味がある方は是非こちらの動画を見てください!

まあそんな感じでベトナムは漢帝国の支配を受けることになったのですが、当時は「ベトナム」ではなく交趾郡(こうしぐん)と呼ばれました。

現在のハノイやハイフォンはこの中にありますねー

そんな交趾郡(こうしぐん)の軍人の子どもとして生まれたのが徴 姉妹(チュンしまい)です。

チュン姉妹は世界の女性軍人のトップ10に入る人物らしいです。

お父さんは有力な軍人なのか、多くの人々から慕われていたそうです。
そんな中、この地域を支配していた漢帝国の役人がかなり悪いことをしていたそうです。

ベトナムの民衆は大激怒!「俺らの税金で何してんだコラああ!!」

チュン姉妹に味方する勢力はかなり大きくなり、気づけば交趾郡(こうしぐん)全土に勢力は広がりました!
それに気をよくしたのか、チュン姉妹は「王」を名乗って勝手に漢帝国からの独立を宣言しちゃいます!

いやー、流石にこれには漢帝国も黙ってはいません。
時の漢帝国皇帝の光武帝は言いました。

「ボコすぞ」

光武帝は将軍・馬援(ばえん)を派遣します!!

この馬援(ばえん)は三国志でもお馴染みの馬超(ばちょう)のご先祖様に当たる人だそうです!

馬援は約20000人の兵士を従えてベトナムに侵攻!!
当時の漢帝国は世界最強の軍隊でした!武器や甲冑(かっちゅう)など完璧に揃えている漢帝国の軍団と、戦争なんてやったことがない一般市民の寄せ集めの軍団では力の差は歴然!

チュン姉妹の軍団はビビってしまいます。

「やべえ、死んだかも、、、」

そんな気持ちのまま、戦闘に突入!!
あえなくチュン姉妹の軍団は敗北!

ちなみにこの時代、ベトナムには文字がなく、中国側の資料でしかこの反乱の様子を見ることができないらしいのですが、状況は漢帝国側の圧倒的勝利に終わりました。チュン姉妹は敗北の後、逃走を続けていましたが、最後は捕らえられて処刑されてしまったのだとか(諸説あり)

こうしてベトナムの初めての反乱は幕を閉じました。。。
その後、約1000年間、ベトナムの地は中国の歴代王朝に支配され続けることになります。

今回はここまで!!
次回は「1000年間の北属期がベトナムにもたらした事」

お楽しみに〜

 

 

A-Life Dance Schoolの情報を日々更新中!!ダンスクラスの体験や見学も随時受け付けております(^^)
タグは#Hanoi #Dance #Kids #Lesson #alifehanoiでそれぞれ検索もしてみよう٩( )و

A-Life Facebook
A- Life Instagram
A-Life Twitter
A-Life Youtube Channel
 A-Life ブログ

お仕事の依頼やご相談はコメントもしくは下記のメールまでご連絡ください( ‘ω’)
alifehanoi@gmail.com

A-Life Dance School公式ホームページはこちら!

A-Life公式ホームページ

  1. A-LIFE,ハノイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP